menu

学校案内

夢を確実に叶えよう

教育理念

上福岡高等看護学院は、准看護師教育を土台に、科学的思考、判断能力の強化に努め、専門的職業人としての共感的態度及び倫理に基づき、生命の尊厳を基盤に地域医療全体を視座において広く看護の場に羽ばたける素地の育成を目指す。

教育目的

看護師として、豊かな人間性を養い、基本的な知識及び技術を修得させ、将来保健・医療・福祉に貢献できる有能な人材を育成する。

教育目標

  • 人々の多様な価値観を認識し、豊かな感性と人間尊重及び共感的態度を身につけ、人間関係を深めること。
  • 人間は身体的・精神的・社会的に統合された存在であり、環境と総合作用することを理解し、人間の生活を視る力を養う。
  • あらゆる健康状態や生活の場において、人間を統合的にとらえ、科学的根拠に基づき看護を実践する基礎的能力を身につける。
  • 保健・医療・福祉を統合的に理解し、チームの一員として看護の役割と責任を自覚し、マネージメントできる基礎的能力を身につける。
  • 専門的職業人として、生涯にわたり自己啓発し続けるために自己学習・自発的学習等、学びの習慣を身につける。

方針

教育体制

講師陣は、基礎・専門基礎分野は、埼玉医科大学、慈恵医科大学等多方面からお願いしております。
疫病論・治療論等は、現役で医療・福祉にあたっている医師、助産師、看護師が教育にあたっております。

沿革

昭和47年9月
社団法人済仁会を会員22名で設立する。
昭和48年3月
看護婦養成所として認可を受け、2年課程3ヵ年修業昼間定時制として1学年定員30名で発足する。
昭和48年4月
第1回生を迎え、4月8日に開校する。
平成17年4月
1学年定員を40名に増員する。
平成18年4月
新校舎に移転する。
専修学校の設置が認可される。
平成26年3月
1,000人目の卒業生を送り出す。

上福岡高等看護学院 校歌
「おお友よ」