menu

キャンパスライフ

目指そうプロフェッショナル、
じっくり学ぶ3年間

上福岡高等看護学院は、1学年40名の少人数制で各学年に担任・副担任の教員2名を配置し、一人ひとりの学習をサポートするきめ細やかな指導を実践しております。主に1年・2年時は授業、3年時は実習となっております。また、医療現場で必要な看護技術を学ぶための設備も充実。実際の医療現場に合わせた設備によって、実践的な技術と知識を得ることができます。

看護実習室

実際の現場に近い環境で、看護の実践力や判断力を身に付けるために繰り返し演習を行います。

教 室

座学を受けるための教室。少人数制なので学生同士、学生と教員との距離が近く、アットホームな雰囲気で学べます。

視聴覚室

視聴覚教材を用いる授業、講義、臨地実習事例研究発表会等で活用しています。

在宅実習室(浴室)
ラウンジ
玄関ホール

身近な臨地実習病院

3年生で成人・老年・母性・小児・精神・在宅・統合の7領域、各2単位の臨地実習を実施しています。成人・老年・統合実習は上福岡総合病院で行います。在宅看護論実習は上福岡リハケアセンターで行います。その他の領域も身近な施設に実習の受け入れをお願いしています。

上福岡総合病院
上福岡リハケアセンター

思い出づくりも充実!
のイベント

上福岡高等看護学院には、新入生歓迎会、予餞会、修学旅行などの様々なイベントがあります。看護師になるための授業や実習の合間に行う楽しいイベントを通して、学生生活がより充実したものになると同時に、豊かな人間性が養われます。

大きなイベントの一つである白樹祭。
看護の授業や実習の合間を縫って毎年遅くまで準備をし、
当日は学生、ご来場者ともに楽しい時間を過ごします。
模擬店やバザーのほか健康教室など看護学校らしい催しも多く、
大変な賑わいとなっています。