menu

カリキュラム

私たちが目指す看護師

か
輝く笑顔で人々に安らぎを与える人間的能力を養い
み
未来ある自分に希望と誇りを持ち
ふ
不断の努力を惜しまず常に前向きに
く
駆使した学びを発展させ
お
おもいやりの心で
か
感性豊かに健康を支える看護を追求する

期待する卒業生像

  1. 自分自身の可能性を信じると共に、自分に誇りを持ち、人間が好き、看護が好きになり、周りの人々とともに学び成長できている。
  2. 専門職業人としての自覚を持ち、生命の尊厳・個人の尊重・対象の権利を守る能力を身に付けている。
  3. 対象の状態に応じて科学的根拠に基づいた問題解決方法がわかる。
  4. 保健・医療・福祉に関する問題の対処方法を学び、またチームの一員としての在り方を認識できる。
  5. 社会の動きに関心を持ち、自主的に学習・研鑚する習慣を身につけている。

カリキュラム概念図

統合分野は、看護の統合と実践として看護学の集大成としてこれまでに学んできた知識と技術を応用し、実践していくための教科内容です。そのため、専門分野Ⅱの上に位置し、すべての分野を包括します。
さらに、在宅看護論は対象特性をふまえて地域で生活する療養者とその家族の看護を学ぶ屋根を開けたことにより社会で学校で学んだことを活かして、生涯学習していくことを表現しています。

1年次

基礎分野
科学的思考の基礎
  • 論理学
  • 統計情報学
    統計学/情報科学・演習
  • 看護物理学
  • 人間関係論
    心理学
  • 教育学
  • 人間と生活・社会の理解
  • 英語Ⅰ
  • 保健体育
専門基礎分野
人体の構造と機能
  • 機能形態学Ⅰ-A
    解剖学
  • 機能形態学Ⅰ-B
    生理学
  • 機能形態学Ⅱ
    生化学/栄養学
疾病の成り立ちと回復の促進
  • 病態学Ⅰ
    耳鼻/眼/皮膚/女性生殖器
  • 病態学Ⅱ
    呼吸器/循環器/脳神経
  • 病態学Ⅲ
    内分泌・代謝/消化器/血液・造血器
  • 病態学Ⅳ
    運動器/腎・泌尿器/免疫・感染症
  • 病態学
  • 微生物学
  • 治療論Ⅰ
    薬理学
  • 治療論Ⅱ
    リハビリ療法/放射線療法/外科療法
健康支援と社会保障制度
  • 社会福祉Ⅰ
  • 社会福祉Ⅱ
  • 関係法規
  • 公衆衛生学
専門分野Ⅰ
基礎看護学
  • 基礎看護概論
  • i基礎看護方法Ⅰ-A
    診療の補助/日常生活の援助
    演習
統合分野専門基礎分野
看護の統合と実践
  • 基礎看護概論
    災害看護/医療安全

2年次

基礎分野
人間と生活・社会の理解
  • 英語Ⅱ
専門分野Ⅰ
基礎看護学
  • 基礎看護方法Ⅰ-B
    臨床外科看護総論/手術室看護/麻酔
    ME
  • 基礎看護方法Ⅰ-C
    臨床看護総論
  • 基礎看護方法Ⅱ
    看護過程の基礎/看護過程の展開
臨地実習
  • 基礎看護学実習
専門分野Ⅱ
成人看護学
  • 成人看護概論・保健
  • 成人看護方法Ⅰ-A
    消化器/内分泌・代謝
  • 成人看護方法Ⅰ-B
    循環器/血液/脳神経
  • 成人看護方法Ⅱ
老年看護学
  • 老年看護概論・保健
  • 老年看護方法Ⅰ
    生活の援助/大腿骨頸部骨折/老年病態
  • 老年看護方法Ⅱ
小児看護学
  • 小児看護概論・保健
  • 小児看護方法Ⅰ
    疾患A/疾患B
  • 小児看護方法Ⅱ
母性看護学
  • 母性看護概論・保健
  • 母性看護方法Ⅰ
    妊娠・出産/産褥・新生児
    分娩・産褥・新生児の看護
  • 母性看護方法Ⅱ
精神看護学
  • 精神看護概論・保健
    概論/保健
  • 精神看護方法Ⅰ
専門分野Ⅰ
基礎看護学
  • 基礎看護概論
  • 基礎看護方法Ⅰ-A
    診療の補助/日常生活の援助
    演習
統合分野専門基礎分野
在宅看護論
  • 在宅看護概論
  • 在宅看護方法Ⅰ
  • 在宅看護方法Ⅱ

3年次

専門分野Ⅱ
臨地実習
  • 成人看護学実習
  • 老年看護学実習
  • 小児看護学実習
  • 母性看護学実習
  • 精神看護学実習
統合分野専門基礎分野
看護の統合と実践
  • 看護管理
  • 看護研究
  • 看護技術の統合
臨地実習
  • 在宅看護論実習
  • 統合実習