menu

ごあいさつ

一般社団法人済仁会
上福岡高等看護学院 代表理事

井上 達夫

上福岡総合病院 院長

 上福岡高等看護学院は、地域医療に貢献できる有能な看護師の育成を目的に、昭和48年(1973)に地域の先生方と共同で社団法人済仁会により設立され、40年以上の歴史を有する看護学校です。
 本学院は首都圏に隣接した立地ながら、静かで落ち着いた環境にあり、働きながら学べるという特色を持っている県内でも数少ない学院であります。
 隣接の上福岡総合病院での実習を通じて、豊かな人間性を養い、看護に必要な知識と技術を習得し、実践力を伴う有能な看護師になることができます。

 平成18年に専修学校となり、教育環境も教育内容も整備してから10年を経て、経験豊かな熱意ある教員と共に、より一層充実してきております。
 今後もさらに看護の教育に心血を注ぎ、看護の道を志す皆様とともに前進、努力を続けて参ります。
 看護の道を目指す皆様と本学で、お会いできることを心から楽しみにしております。

一般社団法人済仁会
上福岡高等看護学院 学院長

新谷 昭眞

新谷医院 院長

 本学院は、准看護師の資格を有する学生に対して単に看護技術や知識を学ぶだけではなく、専門的職業人としての教養を高め、温かな心と優しさで患者さんに接することのできる看護専門職を育成することを基本とし、①最善を尽くせ ②総合的視野をもて ③友情を大切にを教育方針として実践しています。
 開校以来多くの年月が経過いたしましたが、これまでの歴代学院長、講師の諸先生の情熱、努力が本校伝統を支えて参りました。
 これからも、この伝統を守りつつ、より良い勉学環境を整備すべく専修学校用の5階建て近代設備の整った新校舎を建築し、平成18年4月1日から新校舎に移転し現在に至っております。
 益々充実した施設環境の中で、これまで以上に地域医療の進展に努力を注いで参ります。
 この学院に皆様のご入学を心から歓迎致します。